ようこそ! 「栄養士の資格を取ろう」へ

栄養士試験内容

人間にとって栄養とは何かを学ぶ基礎栄養学

栄養士の中でも管理栄養士になるために、国家試験に合格し国家資格を取得しなければなりません。また、サプリメントとしてビタミンや無機質を過剰摂取することの危険性についても抑えておく必要があります。さらに近年社会的な問題となっている生活習慣病について、遺伝の観点から栄養現象との相互作用についても理解しておく必要があります。 管理栄養士の国家資格は現在9科目の試験から構成されていますが、その中の「基礎栄...

栄養士の社会・環境と健康は、法制度改正に注意

対策として保健統計データー、制度や関連法規は必須であり、特に制度改正や法律改正は抑える必要があります。そこで管理栄養士には、個人、または企業の中での健康課題を明確にし、適切に指導をすることが求められています。管理栄養士の国家資格は現在9科目の試験から構成されています。 管理栄養士の国家試験を突破するためには、膨大な試験範囲から各科目の出題傾向やポイントを掴み、効率のよく学習をすすめることが求めら...

給食経営管理論とは

国家試験の対策としては「栄養・食事管理」では、給食の対象者を的確に把握し、食事管理を行うための計画と調理、サービスについて理解しておく必要があります。具体的には給食施設利用者の身体状況や栄養状況、さらに利用状況に応じた給食管理方法、またそれぞれの給食施設に応じた栄養指導を行うための基本的な知識と技能を学習しておくことが大切です。この科目は大きく「栄養・食事管理」と「経営管理」に分けられます。 管...

臨床栄養学が合否のポイント

栄養士の国家資格である管理栄養士の国家試験を突破するためには、膨大な試験範囲から各科目の出題傾向やポイントを掴み、効率よく学習を進めることが求められます。そして臨床栄養学は食と疾病との関連性を研究する学問として重要性が高まっています。また合併症の予防、患者の在院日数の短縮、QQRの向上に貢献にするために、さまざまな病態、薬剤、食品との相互関係を理解することも大切です。 管理栄養士の国家資格は現在...

公衆栄養学を学ぶ

国家試験の対策では、公衆栄養マネジメントの概念や理論的枠組み、コミュニケーション理論を理解することが大切です。管理栄養士の国家試験は難易度が高く、合格を勝ち取るためには9科目からなる試験範囲を効率よく学習し、出題傾向や要点をおさえることが大切です。さらに栄養疫学アセスメントの理解や栄養問題と健康問題の把握方法、それらの活用能力についても学習を積んでおくことが大切です。 試験科目の一つ、「公衆栄養...

応用力試験は状況設定問題

応用力試験の導入には、管理栄養士が社会で担う責任が大きくなり、より高度な能力が求められているという背景があります。中でも管理栄養士は病院や福祉施設などで「命」と密接に関わる「食」に携っています。各科目の総合力を評価する問題と言えます。 応用力試験では管理栄養士として実際現場において必要とされる観察力、判断力、予測力を試験で評価するために、複数の科目にまたがった状況設定問題が出題されます。応用力試...

栄養教育論とは人の行動科学とカウンセリング

栄養士の中でもより高度な仕事を行う管理栄養士になるためには、国家試験に合格して国家資格を取得する必要があります。また栄養教育のためのアセスメントやカリキュラムの立案、実施、モニタリング、評価、フィードバッグについても出題されます。また個人を対象とした栄養教育ではカウンセリングが中心となることから、国家試験では行動科学とカウンセリングを栄養教育の場で応用できるかが問われます。 国家試験の全200問...

臨床栄養学が合否のポイント

臨床栄養学を抑える対策としては、傷病者の心身の理解、医療従事者としての心構え、医療制度を理解することが重要です。9科目の一つ、「臨床栄養学」は、総合的な栄養管理の考え方や、具体的な栄養状態の評定・判定方法、また栄養補給や栄養教育の方法、食品と医薬品の相互作用について学び、傷病状態や栄養状態に応じて、適切な栄養管理を行うことを目的とした科目です。また、傷病者に対する栄養教育、モニタリングと再評価、...

食べ物と健康には健康食品も含まれる

国家試験ではこの能力に必要とされる専門用語や概念の理解が求められます。また旧カリキュラムでの「食べ物と健康」では、食べ物は料理の素材という観点から性質や栄養について学ぶ内容が中心でしたが、現在の基準では食べ物を「健康の基礎」という観点から捉えられています。この科目では、食品の生育・生産過程から、加工・調理されて人体に摂取されるまでの過程を学びます。 「食べ物と健康」の学習を通じて、「食べ物」と「...

応用栄養学で発育、成長に伴う生理的変化を学ぶ

国家試験では発育、成長、加齢に伴う生理的変化や、妊娠、授乳期の生理的特徴に関する問題が出題されます。そして人生の各段階に対応した栄養指導を行うことができるか、栄養状態の悪化による病態、疾患の概要を理解しているか、栄養ケアについて正しく理解しているかなどの問題も出題されます。なかでも管理栄養士は特に注目を集めている国家資格で、合格率が2割前後という難関試験を突破する必要があります。 国家試験の出題...

栄養士の資格取得はまず情報収集から

中でも実際に仕事をしている管理栄養士のブログや栄養士の掲示板では、効果的な学習方法や分かりやすい教材、参考書など、細かい情報を得られることもあります。後で後悔しないために、しっかり情報を集めて学習に取り組むことが望まれます。情報収集の方法にはいろいろありますが、管理栄養士の先輩や卒業した学校の先生や先輩に体験談を聞くことも方法の一つです。そして管理栄養士の仕事のやりがい、また大変さや厳しさなどの...

栄養士は人体構造の知識も必要

「人体の構造と機能」として、正常な人体を構成する個体と構造、機能を学びます。また病態の評価や診断方法、治療の基本的な考え方、感染症の発症とその防御機構なども大切です。管理栄養士は栄養士よりさらに高度な専門知識が必要とされる職業で、難関といわれる国家試験を突破しなければなりません。国家試験の中で出題数の多い科目の一つに、「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」があります。 国家試験を突破するためには...