ようこそ! 「30代子育てママへ|復職に向け資格を取ろう」へ

日本語教師資格は挑戦しやすい

日本語教師資格というものをご存知ですか?

私たち日本人は日常、日本語というものを教えられることはその必要がないので、ありませんから日本語講師資格と聞くと、ちょっと実感を得にくいかもしれません。

さて、日本語を教える資格とはどんなものなのか調べてみました。

そもそも、日本語教師とは日本語を母国語としない人、いわゆる外国からの留学生などの人たちですが、そういった人たちに日本語を教えている人のことです。

もっと詳しく言えば日本語を教える訓練を受けた人、または日本語の指導経験を積んだ人のことを日本語教師というのですが、いわば日本語を教えている人は誰でも日本語教師だと言えるのです。

なぜかと言いますと、日本語教師資格に公的な資格は必要ないからです。

驚かれるかもしれませんが、日本語教師資格というものは特に定められてはいないのです。

日本語教師になるために絶対必要な国家資格のようなものはないわけです。
ですから、日本語が理解できるのであれば、誰でも日本語教師になることは可能なわけです。

ただ、誤解を招くといけませんので詳しく見ていきます。求人情報誌などの日本語学校などの募集要項を見ると「有資格者」を応募資格としていることが多いです。

通常、日本語教師の「有資格者」というのは(1)大学で日本語教育を主専攻または副専攻して修了した人(2)日本語教育能力検定試験に合格した人(3)日本語教師養成講座420時間を修了した人、 この3つのうち、1つだけ満たしていれば、日本語教師資格を持っている人と見なされます。