ようこそ! 「30代子育てママへ|復職に向け資格を取ろう」へ

資格試験介護福祉関係はバランス学習が重要

資格試験介護福祉関係について、少し紹介をしてみたいと思います。

資格試験介護福祉関係は、少子高齢化社会などの社会的背景もあり、現在、注目を集めている人気の資格試験です。ただし、合格率がだいたい25%と意外に難しく、資格試験の問題も比較的難関なために、資格試験介護福祉関係の受験を考えているのなら、早めに資格試験の対策を考える必要があると思います。

では、資格試験介護福祉関係の勉強法を少しだけ解説してみようと思います。

資格試験介護福祉関係の資格を取得するポイントは、全科目に渡りバランスよく勉強することです。

なぜなら、筆記試験において13もの科目から出題されるのですが、平均的に点数を取る必要があるからです。

つまり、13科目のうち1科目でも0点を取ってしまうと、トータルでは合格基準点を上回っていたとしても、不合格となってしまうからです。つまり総合点のほかに足切り基準があります。

介護福祉関係の資格取得のために必要な13科目とは、医学一般・精神保健・介護概論・介護技術及び形態別介護技術・社会福祉概論・老人福祉論・障害者福祉論・リハビリテーション論・社会福祉援助技術・レクリエーション活動援助法・老人/障害者の心理・家政学概論、となっています。

資格試験介護福祉関係の出題傾向としては、1科目から数問しか出題されませんので、浅くて広い知識を得られるように勉強していきます。

資格試験介護福祉関係の基本的なところを勉強したら、予想問題集や過去問を徹底的に解きましょう。実際の出題傾向を見ておいた方がいいということと、実際の問題を解くことで試験問題を解くテクニックを磨く必要があるからです。